キリスト教式での家族葬儀の流れや準備するもの

キリスト教葬儀を家族葬として近親縁者のみを希望するとき。ファミリー葬は、前夜式と告別式を開催します。華麗なお花の装飾を設けて、親族と共に故人を思い出を語ります。奉仕者はご遺族に寄り添い斎場に移動します。

 

最初にキリスト教徒追悼増援窓口にご連絡ください。

 

召された地域に寝台車で運搬に伺います。

 

その後、遺族の方々と棺に入れることを致します。

 

儀式場に移動して、故人様をお見送りします。

 

神父が皆さまをお導きします。

 

召天者の生涯に感謝しつつ、祈祷を捧げることをします。

 

司式者が的確な聖典のみ言葉をメッセージします。

 

故人様をお見送りして、語り合います。

 

基督教弔いサポート対応の1日での葬儀は、会食の機会を持ちます。

 

 

基督教のメモリアル礼拝でお説教をする司式者のご相談のみでも大丈夫です。

 

近郊の葬儀会社に申請しているのだけれども、司式は信頼の置ける司式者にしていただきたいという方へ。