キリスト教葬儀の流れや手順と準備しておくべきもの

キリスト教葬儀の流れや手順と準備しておくべきもの。教会員告別式の主要な代金は、司祭やピアノ奏者への献金、教会利用費用、納骨堂ということになります。葬儀屋は、お体の搬送から式場の手配、追悼の配置まですべて行います。

 

キリスト教信仰者告別式窓口センターの葬儀は、奉仕者が寄り添い奉仕します。

 

まずはキリスト教葬儀支援受付にご一報ください。

 

逝去した地域に霊柩車で運びに伺います。

 

それから、御家族の方々で棺に入れることをさせていただきます。

 

火葬場に移動して、逝去した方をお送りします。

 

奉仕者が皆さまを道案内します。

 

 

キリスト教葬儀の牧師司式

 

故人様の生涯に感謝しながら、祈りを捧げる時を持ちます。

 

牧師が適切な聖書の言葉を告げ知らせます。

 

召された方を告別して、語り合います。

 

クリスチャン葬式相談センターの一日葬は、御食事の場所を用意します。

 

ファミリーでのお葬式は、前の夜の式と葬儀式を行います。

 

美しい生花祭壇を設けて、一家で召天者を偲びます。

 

牧師はご遺族と共に火葬場に移動します。

 

一般葬儀は職場の上司や知人を参列者に呼びます。

 

キリスト教信仰者の葬式でお説教をする司祭の依頼のみでも大丈夫です。

 

近辺の葬儀社に要請しているけれども、メッセージは信頼できるパスターにお願いしたいという喪主様に。

 

キリスト教葬儀記事一覧

キリスト教葬儀を家族葬として近親縁者のみを希望するとき。ファミリー葬は、前夜式と告別式を開催します。華麗なお花の装飾を設けて、親族と共に故人を思い出を語ります。奉仕者はご遺族に寄り添い斎場に移動します。最初にキリスト教徒追悼増援窓口にご連絡ください。召された地域に寝台車で運搬に伺います。その後、遺族の方々と棺に入れることを致します。儀式場に移動して、故人様をお見送りします。神父が皆さまをお導きしま...